concept-house, 改良工事~基礎工事

水盛りやり方

Pocket

地盤改良工事が完了しましたので、いよいよ基礎工事に着手です。

基礎工事に先立ち、家の基準となる「水盛りやり方」を行います。

やり方とは、これから建てる建物の正確な位置を決めるための仮設物のことで、家の位置や高さが決まる非常に重要な工程です。

事前に敷地寸法や高低差を測量したデータを基に、建物配置や基準となる高さを計算しておき、それに基づいてやり方を掛けます。

建物の位置より一回り外側に大きく木杭を打って、杭と杭をつなぐように「ヌキ」という板を水平に打ちつけていきます。

これが建物の高さを決めるポイントになるので慎重に確認します。

画像では見えませんがヌキの天端には、建物の大きさや主要なポイントを表した釘が打たれているのです。

これを我々は「通り芯」と読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA